本文へスキップ

宮崎神宮、NHK宮崎放送局近くにある鍼灸マッサージの治療院です

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0985-64-9493

施術例@-パーキンソン病の方の場合

 パーキンソン病やパーキンソン症候群での症状はさまざまですが、これらの病気に悩まれている方は、精神的に繊細で、さらに体質なのか薬の影響なのか分かりませんが、物理的な刺激に対しても敏感な方が多いように思います。そこで、刺激を少なく、“鍼を刺す”というストレスを心身共に与えないような施術を心掛けています。
              パーキンソン病・パーキンソン症候群でよくみられる症状

 施術例@ 60代、男性、3年前にパーキンソン病と医師に診断される。 

◎背中〜腰の筋肉が硬くて痛い(主訴)
・椅子から立ち上がりにくい
・箸を持つと手の震えがひどくなる
・この先のことを考えると夜眠れない
・首が動かせない
・歩くとき、最初の一歩が出ない    

首 : 筋肉が硬い、圧痛がある(右のほうが強い)
肩 : 左右とも筋緊張が強い
腹部 : 全体的に筋緊張が強い、臍から下(下腹部)に力がない
背部 : 全体的に筋緊張が強い、圧痛がある(特に右側)




刺さない鍼治療
 ・お腹全体に鍼を接触させていく
 ・手首のツボを鍼で触れる
 ・お腹の緊張状態を確認
 ・側臥位になってもらう(うつ伏せができないため)
 ・首-背中-腰全体に鍼を接触させていく
 ・首-背中-腰の圧痛点を確認
 ・背中のツボに鍼をあて、圧痛の状態の変化を確認(ツボ4ヶ所)
 ・あおむけになり、お腹の緊張状態の変化を確認

灸 
 ・足(または手)の指先に灸(3〜5壮)


肉体的な変化
 ・背中や腰が伸ばしやすくなった  
 ・歩きやすくなった
精神的な変化
 ・気持ちが落ち着いた


  週1回ペースで治療を続けておられましたが、遠方に転居されたため1年後に終了となりました。治療を始められた当初は、すぐにでも退職することをお考えでしたが、体が動かしやすくなり通勤が楽になったとのことで、結果的に引っ越しされるまで仕事を続けておられました。
 このページの先頭へ

三快治療院三快治療院

〒880-0052
宮崎県宮崎市丸山2-239-4
TEL&FAX 0985-64-9493